コンテンツにスキップ

Google Pixel 4a

完売
元の価格 ¥92,800
現在の価格 ¥91,000
スマートフォンを買うときに、スペックを気にしたことがあるだろうか。ノートPCを購入するときと同じように、少しでも性能のいいものを手に入れようとさまざまな数値を比較する。こうしてスペックだけを基にスマートフォンを選んだときに、最終的にグーグルの「Pixel」シリーズに行き着く人は少ないのではないだろうか。

それでもグーグルのスマートフォンの販売は好調だ。市場調査会社IDCのデータによると、昨年の出荷台数は720万台に達している。これまで細かな数字に振り回されてきた人たちも、実はPixelに切り替えたほうが幸せになれるのでないか…と、個人的には思っている。

そんなPixelシリーズの最新モデルとなる「Pixel 4a」を見ていこう。昨年発売された「Pixel 3a」と「Pixel 4」を合体させたようなモデルだが、カメラの性能はフラッグシップモデルのPixel 4と比べて遜色なく、価格は349ポンド(日本では税込42,900円)に抑えられている。ただし、特に目立ったアップデートはないという意味では、3aにかなり似ていると言わざるを得ない。
5Gが不要なら“買い”

Pixelを欲しいと考えているならお勧めできる(日本では8月14日から予約開始、8月20日に発売)。だが、10月になれば5G対応の「Pixel 4a (5G)」と、次期フラッグシップの「Pixel 5」の詳細が出てくるだろう。4a (5G)については、499ドル(日本では60,500円)からという価格も明らかになっている。これらの2モデルは「年内」に発売予定だ。

それを踏まえると、手ごろなサイズで素晴らしい性能のカメラを備えたスマートフォンを探している人で、5Gのために余計な金額を払う気がしないというなら、4aは最適なモデルであると言える。ちなみに、Pixelシリーズの発売スケジュールも新型コロナウイルスの影響を受けており、プロダクトマネージャーのシェリー・リンによると、5Gモデルも当初予定から遅れているという。

まず、本体サイズが1種類のみである点を強調しておこう。昨年モデルには6インチの「3a XL」があったが、4aに関しては「XL」は存在しない。ただし、4aのディスプレイは5.8インチで、5.6インチの3aと比べてわずかに大きい。
片手で操作しやすいサイズ感

本体の色は「Just Black」だけだが、これも新型コロナウイルスの影響だという。リンは「リソースを集中できるように色展開を絞る必要がありました。新型コロナウイルスのために、さまざまな分野で大きな混乱が起きています」と説明する。

ディスプレイはグーグルの言葉を借りれば「ベゼル(画面の枠)なし」で「エッジ・トゥ・エッジ(端から端まで画面)」ということになっているが、フラッグシップモデルに近い本体の表面全体を覆うようなものを期待していると、がっかりするかもしれない。ただ個人的には、2,340×1,080ピクセルの有機ELディスプレイに特に不満はない。

リフレッシュレートは60Hzで、Pixel 4の90Hzや、379ポンド(約52,000円)する「OnePlus Nord」の120Hzには劣る。なお、ディスプレイの左上には8メガピクセルでパンチホール式のフロントカメラがある。

本体の重量は143gで「Pixel 3」(147g)と大差なく、3aと同様にマットな仕上がりが美しい。この価格帯のスマートフォンのなかでは、片手での操作がいちばんしやすいと思う。ラインナップに小型のモデルを残しているのは、いまやグーグルとアップルだけになってしまったようだ。
使って見えてくる真価

Pixelシリーズは実際に使うとその真価がわかる。今回のテストではOSが「Android 10」の状態にしたが、すでに「11」のベータ版が公開されているので試してみるのもいいだろう。「Google アシスタント」対応のスマートフォンをもっているならおなじみの機能が多く、クイック設定パネルなどもそのままだ。

本体の下部を強く握るとAIアシスタントの呼び出しなどができる「Active Edge」機能はなくなった。だが、画面の下部からアシスタントを起動するシステムはとても便利で、これは他社のスマートフォンでも近く利用可能になるという。

グーグルはPixel 4で顔認証を採用しなかったが、マスク着用が当たり前になったいま、本体背面の指紋センサーから指紋認証で起動できるのはとても便利だ。スピーカーは可もなく不可もなくといったところだが、イヤフォンジャックがいまだにあるのは珍しいだろう。

Pixel 3aと4ではバッテリーのもちが懸念材料だったが、4aのバッテリー容量は3,140mAhある。使用頻度の低いアプリの電力消費を抑える「自動調整バッテリー」機能をオンにしておけば、24時間程度は充電がもつ。ただ、電話をかけたりメッセージを送ったりと普通に使っていると、1時間に10パーセントくらいの感覚でバッテリー残量が減っていく。

それでもスリープ状態でのバッテリーの使用はかなり抑えられている。付属の高速充電器の出力は18Wで、30分で19パーセントから63パーセントまで充電できた。とにかく全体的に見れば、いろいろな意味でまだ改善の余地がある。
カメラは非常に優秀

ディスプレイのリフレッシュレートやバッテリーのもちに目をつぶるだけの理由があるとすれば、それはカメラだろう。Pixel 4と同じ12.2メガピクセルの背面カメラはシングルレンズだが、光学式と電子式と両方の手ぶれ補正のほか、高速な位相差オートフォーカス(PDAF)機能も備え、素晴らしい働きをしてくれる。

夜間撮影モードや、異なる露出の写真を何枚か合成して写真全体の明るさを調整する「Live HDR+」のおかげで、どんな場面でも簡単にとてもきれいな写真を撮れる。デジタルズームは最大8倍まで対応する。